ヨーグルトメーカー選びに迷ったら!?ヨーグルティアsとおすすめヨーグルトメーカーを徹底比較

当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています
ヨーグルトメーカー徹底比較

ヨーグルトメーカーは、自宅で手軽にヨーグルトを作ることができます。

ヨーグルトメーカーはヨーグルトだけでなく、甘酒や塩麹などの発酵食品作りにも活用できるため、発酵食品を手軽に取り入れることができるため人気です。

しかし、多様な機能やデザインのものが多数あり、どの機種を選んだらいいのか迷ってしまうことも少なくありません。

この記事では、特に人気の「ヨーグルティアs」の魅力から、ヨーグルトメーカーを選ぶ際のポイントをお伝えします。

また、ヨーグルティアsとおすすめのヨーグルトメーカーとの比較についても表にしてお伝えしていきます。

初心者から上級者まで、自分だけのヨーグルトメーカーの見つけ方を、実体験や実際に使っている方の口コミレビューを交えてお届けしますので、ぜひ購入の際の参考にしてください!

目次

ヨーグルティアsの魅力を徹底解剖

ヨーグルティアsのデザインと使いやすさ

ヨーグルティアS

デザインはシンプル。

ボタンは「温度設定」、「時間設定」、「スタート/ストップボタン」のみで、使い方は簡単です。

ヨーグルティアS コード

コードは、かさばりがちですが、底部分にスッキリ収納できるようになっています。

コードを収納部にまきつけることで、コードの長さを調節できます。

ヨーグルティアSコード収納
ちほ

プラグもぴったり収まります。

カラーは3色展開!

キッチンに馴染むマットカラーなので、インテリアに合わせて、お好みのカラーを選べます。

ヨーグルティアs独自の発酵機能と温度設定

設定温度は、25℃~70℃で設定できます。

ヒーターの性能強化でより早く、より安定した発酵ができ、おいしい発酵食品がつくれます。

細かな時間設定

ヨーグルティアsのタイマーは、48時間まで設定できます。

また、1時間未満で設定する場合、10分~50分の10分刻みで設定ができます。

温泉たまごは30分、甘酒は6時間、納豆は48時間など、お好みに合わせてつかえるため、幅広い調理が楽しめます。

発酵終了時は、ブザーでお知らせ。

ちほ

ブザー音と操作音はオン・オフの切り替えが可能です。

ヨーグルティアs専用容器の洗いやすさと衛生面

ヨーグルティアS

ヨーグルティアSの専用容器は直径:約139mmのため、ヨーグルトの取り出しも楽々で、洗いやすいです。

また、プラスチック容器だけでなく、ガラス容器もあります。

ガラス容器は、臭いがつきにくく衛生面も安心です。

ガラスポットは、創業1921年の耐熱ガラスメーカーHARIOとの共同開発。

HARIOとタニカの技術力で、安全で使いやすいガラス容器が開発されました。

読者さん

耐熱ガラス!魅力的ですね♪

ヨーグルティアSのコストパフォーマンス

タニカヨーグルティアsでヨーグルトをつくると、市販のカップヨーグルトの約5分の1の費用で作ることができます。

読者さん

コスパ最高ですね!

ちほ

ヨーグルト以外の発酵食品も作れて料理が楽しくなりました。

>>>ヨーグルティアsを使ったレシピはこちら

ヨーグルティアSを使用している方の口コミレビューと評判

ここからは、TANICA(タニカ)ヨーグルティアSを使用中の方の口コミをご紹介していきますね!

悪い口コミ

  • 他のメーカーと比べて価格が高め
  • ガラスポットが割れやすい

良い口コミ

  • 操作が簡単
  • ヨーグルトが簡単に作れる
  • 発酵食品が気軽につくれる
  • ガラスポットは臭いがつかず、清潔に使える
  • カラーバリエーションが豊富で見た目もおしゃれ

悪い口コミでは、価格が高めとガラスポットが割れやすいという感想が多かったです。

逆に良い口コミでは、ガラスポットは臭いがつかず、清潔に使える、操作が簡単、発酵食品が手軽につくれるなどの良い口コミが多数見られました。

価格は少し高めではありますが、手軽にいろいろな発酵食品を作りたい方には、おすすめです。

>>>楽天でヨーグルティアS YS-02の口コミをチェック

\ヨーグルティアSについてさらに知りたい方は下記↓参照してください/

あわせて読みたい
ヨーグルティアsを5年間使った口コミレビュー!使い方やヨーグルト以外のレシピも紹介 TANICA(タニカ)のヨーグルティアsは、ヨーグルトだけでなく、塩麹や甘酒などの発酵食品もおいしく作れるヨーグルトメーカーとして、とても人気があります。 お家にある...

>>>楽天市場でヨーグルトメーカー 人気ランキングトップ30をチェック

ヨーグルトメーカーを選ぶときのポイント

読者さん

ヨーグルトメーカーを選ぶ時、どんなポイントで選んだら良いですか?

自家製ヨーグルトに魅了されたなら、次はヨーグルトメーカー選びが重要となります。

機能やデザインが異なる様々なタイプのヨーグルトメーカーが販売されています。

理想的なヨーグルトメーカーを選ぶには、いくつかのポイントを押さえておく必要があります。

本記事では、選択のポイントを詳しく解説し、あなたにぴったりのヨーグルトメーカーを選ぶためのサポートを行います。

必要な機能を考える

ヨーグルトメーカーを選ぶ際、最初に考慮すべきは必要な機能です。

多機能モデルも魅力的ですが、使用するシーンを明確にし、本当に必要な機能を備えた製品を選ぶことが肝心です。

タイマーや自動温度調節、発酵度合いの微調整などの機能がありますが、頻繁に使わない機能で高価なモデルを選んでも無駄が生じます。

逆に、ちょっとしたコツを要する手動設定モデルでも、コストを抑えつつ自分好みのヨーグルトを作る楽しさがあります。

ニーズに応じた選択が後悔しない第一歩です。

サイズと設置スペース

ヨーグルトメーカーの設置場所はキッチンの空いているスペースや収納の状況など、家庭毎に異なります。

広いスペースがある場合はサイズをあまり気にせず選べますが、限られたスペースに置く場合はコンパクトなものを選んだ方が良いでしょう。

また、容量もポイントです。

家族構成や一度に作りたい量に合わせて選ぶことが重要です。

大容量モデルでも、小分けにして発酵させる機能があると便利です。

サイズだけでなく、使用頻度やスペースの利用法に応じた適切な選択が求められます。

価格とランニングコスト

初期費用としての価格はもちろん、長期にわたって使用することを考慮するとランニングコストも無視できません。

消耗品が不要な製品や電気代が抑えられる低消費電力のモデルも存在しています。

価格が高くてもコストパフォーマンスに優れていれば、トータルで見ると節約につながることもあります。

長期的な視点で運用コストを含めて価格を比較検討すると経済的です。

デザインとカラーバリエーション

ヨーグルトメーカーは毎日目にするものだからこそ、デザインやカラーバリエーションにも気を配りたいものです。

キッチンの雰囲気に合った色や形、質感を選べば、インテリアとしての満足度も高まります。

機能性も大事ですが、見た目が好みではない製品を選んでしまうと、使うたびに気分が下がるかもしれません。

日常に馴染むデザインを選び、長く愛用できるアイテムとしての見た目も考えて選びましょう。

メーカーとブランドの信頼性

最後に、ヨーグルトメーカーを選ぶ際には、メーカーやブランドの信頼性も重要なポイントです。

実績のあるメーカーの製品は、品質やアフターサービス、保証に信頼がおけることが多いです。

レビューや評価、口コミを参考にしながら、信頼のおけるメーカーを選ぶことが賢明です。

もし何らかのトラブルが発生した場合には、迅速で適切なサポートが期待できます。

ヨーグルトメーカーを長く安全に使うためにも、実績と信頼のあるメーカー選びを優先することが大切です。

>>>楽天市場でヨーグルトメーカー 人気ランキングトップ30をチェック

その他のおすすめヨーグルトメーカー

クビンス ヨーグルト&チーズメーカー

クビンス ヨーグルト&チーズメーカー KGY-713SMは、ギリシャヨーグルトやチーズ、漬物、ピクルス、納豆などの発酵食品を作れる多機能モデルです。

温度調節機能も搭載されており、さまざまなヨーグルトを作ることができます。

>>>楽天でクビンス ヨーグルト&チーズメーカーの口コミをチェック

アイリスオーヤマ ヨーグルトメーカー

アイリスオーヤマ ヨーグルトメーカー KYM-016は、牛乳パックだけでなく、豆乳パックからも作れる手軽さが特徴です。

洗い物が少なくて済むので、忙しい方にもおすすめです。

7種類の自動メニューがついており、ヨーグルト以外にも塩麹、甘酒、サラダチキンなども作れます。

>>>楽天でアイリスオーヤマのヨーグルトメーカーの口コミをチェック

ビタントニオ ヨーグルトメーカー

ビタントニオ ヨーグルトメーカーVYG-60-Wは、価格が安目なのが特徴です。

牛乳パック、豆乳パックから、そのままヨーグルトが作れるため、かんたんで衛生的です。
牛乳パックからでもすくいやすいように専用のスプーンがついています。

専用の水切りフィルターがついているため、簡単にギリシャヨーグルトがつくれます。

25~70℃の温度設定ができるため、一般的なヨーグルトの他、のむヨーグルト・カスピ海ヨーグルト、発酵食品、温泉卵や低温調理まで幅広いメニューが楽しめます。

シルバー×ホワイトのカラーもオシャレと評判です。

>>>楽天でビタントニオのヨーグルトメーカーの口コミをチェック

ちほ

ヨーグルトメーカーの比較表も参考にしてみてくださいね。

サイズ重量設定温度最長稼働時間専用容器容量付属品
ヨーグルティアS YS-02高さ188×外径160mm760g25~70℃48時間1200mlガラス製内容器×2・取扱説明書×1・ヨーグルトスプーン×1・レシピ集×1・温玉スタンドS×1・取手ふた×1
クビンス ヨーグルト&チーズメーカー KGY-713SM20×18×18cm1kg20~65℃1~99時間2000mlヨーグルト容器セット(容器2個、ハンドル1個、蓋1個)、チーズフィルタ1個、納豆(納豆漏斗1個、納豆容器1個)、レシピブック、取扱説明書
アイリスオーヤマ ヨーグルトメーカー KYM-016幅約15.6×奥行約15.8×高さ約27.6約800g25~65℃1~48時間900mL
牛乳パック使用可
容器、容器ふた、スプーン、水切りカップ、牛乳パック用クリップ、レシピブック
ビタントニオ ヨーグルトメーカー VYG-60-W幅12.5×奥行14.5×高さ28cm約810g25~70℃1~99時間
最短30分
約880ml
牛乳パック使用可
専用容器、カバー、水切りフィルター、牛乳パック用カバー、スプーン

>>>楽天市場でヨーグルトメーカー 人気ランキングトップ30をチェック

各機種をおすすめの方をまとめたので紹介します。

ヨーグルティアS:確かな品質、手軽な操作で発酵食品を楽しみたい方

クビンス ヨーグルト&チーズメーカー:多機能なため、色々なメニューを作りたい料理すきな方

アイリスオーヤマ ヨーグルトメーカー:手間なく手軽に発酵食品を楽しみたい方

ビタントニオ ヨーグルトメーカー :オシャレな家電で料理を楽しみたい方

ヨーグルトメーカー選びに迷ったら!?ヨーグルティアSとおすすめヨーグルトメーカーを徹底比較 まとめ

この記事では、特に人気の「ヨーグルティアS」の魅力から、ヨーグルトメーカーを選ぶ際のポイント、おすすめのヨーグルトメーカーとの徹底比較などをお伝えしてきました。

機能やデザインはもちろん、価格帯、特徴を比較しながら、自分にあったヨーグルトメーカーを選ぶことをオススメします。

ちほ

ヨーグルトメーカーが自宅にあると、ヨーグルトだけでなく、発酵食品が気軽に作れるため、料理の幅が広がりますよ!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次